jiko-150729-001桑名で交通事故に遭った際の治療は、むち打ち治療が専門の柔道整復師が在籍する当院にお任せ下さい。
交通事故に遭うと、日常の生活が一変してしまいます。
むち打ちの症状で体に痛みがでることから病院や整骨院に通う事になったり…
車の修理や保険会社との慰謝料の交渉など、普段の日常生活ではありえない程の問題が、交通事故の被害者に降りかかります。
当院では交通事故に遭われた患者さんが安心して日常生活に戻れるように様々なサポートしています。

むち打ち(外傷性頸部症候群)治療

交通事故後の痛みはむち打ちの可能性当院は交通事故の衝撃で体が鞭のようにしなることで生じるむち打ち(外傷性頸部症候群)に対して、後遺症を残さない事を目的とした専門治療を行っております。交通事故の衝撃は相当なもので、非常に強い衝撃を受けることで頭部と胴体が異なる向きへの動きを強いられます。むち打ちになってしまった状態をそのままにしていると後遺症になってしまう危険です。すぐに病院もしくはむち打ち治療の治療院に行く必要があります。

レントゲンに写らない

むち打ちの症状はレントゲンに写ることはありません。ですから、交通事故に遭った際に、レントゲンに異常がないからといって、すぐに示談するという事は避けた方が良いです。むち打ちは事故に遭ってから1週間程度で症状が現れるといわれています。事故に遭ったらまずは病院でむち打ちの診断を受けて、そのまま病院で治療したり、近くの整骨院で治療するのが一般的です。

むち打ちの主な症状

むち打ちの主な症状は下記の通りです。

  • レントゲンに写らないが痛い
  • 首を曲げると痛い
  • 背中が痛い
  • 腰が痛い

注意するべき症状

交通事故で強い衝撃を受けるとむち打ち以上に重傷な状態になっていることがあります。
交通事故の際に下記の様な症状を感じたらすぐに当院にご相談ください。

  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛
  • 腕や手のしびれ

交通事故に関するよくある質問

交通事故の質問にお答えします
桑名にある中央元気堂には、数多くの交通事故の被害者がむち打ちの治療で通っています。
事故に遭ってしまった患者さんの多くは、事故の処理に不安を抱えていらっしゃいます。
ここでは事故に遭われた患者さんからよく質問があることをご紹介します。

整骨院でも無料でむち打ち治療ができるのですか?

はい。自賠責保険を適用することで、交通事故のむち打ち治療を行うことが出来ます。当院では後遺症にならないように適切な施術をさせていただきます。

首の牽引はしますか?

むち打ちの治療といえば機械で首の牽引を思い起こす人も多いと思います。しかし、機械ですので加減が難しく、最悪の場合、炎症を悪化させてしまうことがあります。当院ではその様な危険を伴う施術は致しません。基本はむち打ち専門治療家の熟練の手技によって施術させていただきます。

整骨院に通うと慰謝料が減りますか?

整骨院に通っても慰謝料が減ることはありません。保険会社の基準または弁護士基準で適正な慰謝料が支払われることになります。

タクシーの通院は可能ですか?

相手側の保険会社に請求する形の場合、相手側の保険会社に許可を取ることができれば可能です。領収書で請求する形になりますので、タクシーに乗車した際は必ず領収書を受け取るようにしてください。

加害者が任意保険に未加入の場合はどうなりますか?

自動車を購入する際に必ず入る自賠責保険に加入していれば、慰謝料、休業損害、治療費など合わせて120万円を上限として支払われます。

桑名市の交通事故事情

交通事故が多発する三重県
三重県は全国でも交通事故が多く、全国ワースト13位(平成26年)でした。
三重県の中では、四日市市と津市が多く、鈴鹿市、松阪市、伊勢市に次いで桑名市が交通事故の発生が多い地域となっています。

平成26年の人身事故の特徴

平成26年の人身事故の特徴をまとめました。
事故が発生しやすいケースが見えてきます。
交通事故防止の為に、交通事故が発生しやすいケースは慎重に行動する必要があります。

  • 路線別では、人身事故は、一般国道で982件(31.6%)発生し、次いで、市道で980件(31.5%)発生しています。
  • 昼夜別では、人身事故は昼間に2,225件(71.6%)、死亡事故は夜間に19件(55.9%)と多く発生している。夜間の運転や移動は事故に気を付ける必要があります。
  • 地形別では、人身事故は、市街地で1,831件(58.9%)と多く発生し、死亡事故では、非市街地で25件(73.5%)と多く発生している。
  • 道路形状別では、人身事故は、交差点等(交差点付近を含む。以下同じ。)で1,323件(42.6%)発生し、死亡事故は、交差点等で11件(32.4%)発生している。

三重県内で事故が多発する一般国道

三重県内の一般国道で事故が多発するのが国道42号線です。
次いで 23号線  1号線 となります。交通量に比例する部分がありますが、交通事故を防止する観点から言えば、予防のためには交通量の多い場所は事故が発生しやすいので特に注意するべきだと言えます。

tell-3