院長が交通事故に遭ったお話

桑名市で交通事故治療を行っている鍼灸整骨院 中央元気堂です。

院長の私が事故に初めて遭ったのは5年前の自転車に乗っていた時でした。
その時は流行り始めたロードバイクに乗っており、こちらが直進、相手が右折のいわゆる右直事故です。

こちらが直進なのでもちろん相手の車は止まってくれるだろうと思い、交差点に進入した時に相手がまさかの右折。
気付いた時にこちらも左側に逃げたのですが間に合わず結構なスピードで衝突しました。
接触し頭から地面に落ちたのですが、幸いにもヘルメットを被っていたので頭がカチ割れる事無く、ヘルメットが割れて衝撃を逃がしてくれました。被って無かったらと思うと今でもゾッとします…
それでもロードバイクは脚が固定されているので上半身のダメージは大きかったのですが。

その後は救急車で病院に搬送されレントゲン撮影を行った所、幸いにも骨折は無かったのですが全身打撲とあちこちの捻挫があり、その日の晩から数日発熱が続きました。
その頃はもう治療家の道を進んでいたので日々当時の院長の治療を受けていましたが、それでも最初の2ヶ月はずっと倦怠感が取れず、ようやく治まってきたのは3ヶ月が過ぎるぐらいでした。
最初の頃は本当に辛かった…

実際に治療を受けていても、頚椎捻挫の改善しにくさを身をもって体験したので、後遺症に悩む方の辛さはとても良くわかります。

その後治療も一段落し、示談に応じる事になりました。
基本的に慰謝料は通院日数に応じて支払われますので、(通院日数×4200円)痛い目に遭い、時間もかかりましたが少しは報われた感じでした。

この事を知らずに、治療を受けない受けれないで最終的に損をされている方がとても多いように感じます。
当院ではこのような方に対して少しでも通院してもらえるよう、夜の9時まで受付をしております。

またその当時乗っていたロードバイクは全額修理費が出ました。
(なけなしのお金をはたいて買ったので、めちゃめちゃありがたかったです)
事故で破れたり壊れた物も補償の対象です。

事故当初は興奮しており、痛みが感じない事も多くあります。
本当に自分の身体の状態が分かってくるのは暫くしてからですので、安易に治療は受けなくても大丈夫だろうと思ったり、示談してはいけません。
自分自身が事故に遭わないと中々分からないと思いますが、もしそうなった場合は是非ご相談ください。
私が実際に体験しておりますので、分からないことや悩み事に対してお力になれると思います。