冬の食中毒

こんにちは

三重県桑名市の整骨院 中央元気堂です

皆さんは食中毒と聞くと夏場のイメージが強いのではないでしょうか

しかし、冬場にもよく発生します。

夏場は大腸菌やサルモネラ菌などの「細菌性」

冬場はノロウィルスなどの「ウィルス性」の発生が多くなります。

この食中毒で今回注目するのがノロウィルスです

ノロウィルスとは

ノロウィルスは感染性が強いため、集団感染しやすいので食中毒の中で最も患者数が多いのが特徴です。

主に牡蠣やアサリ、シジミなどの二枚貝が原因になりますが、ノロウィルスはヒトや食器などからも経由して拡がります。

uirusu

症状

ノロウィルスは感染すると、24~48時間で食中毒を発症します。

感染初期は微熱が出ることもありますが、ほとんどの場合は急に悪心嘔吐と下痢などを引き起こします。

場合によっては38℃以下の発熱をすることもあります。

通常は症状が1~2日続いた後は自然に回復しますが、高齢者や小さいお子さんの場合は入院が必要となることがあります。

また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状で見逃すこともあるのですが、

便にはウィルスが潜んでおり二次感染することもあります。

hukutuu

感染経路

一次感染

食事・・・ウィルスに感染した牡蠣などの二枚貝を、生または十分に加熱せずに食べる。

kaki2

飲料水・・・ウィルスに汚染された井戸水や水道水を飲む。

二次感染

調理・・・感染した人が調理した食品や食器、調理器具を通じて感染する。

nizikansen

汚物・・・感染者の便や吐物を処理するときに手指を介して感染する場合と汚染されたカーペットやシーツなどの消毒が不十分で、乾燥した際に空気中に舞い上がって感染する場合があります。

予防と対策

手洗い

ノロウィルスに限ったことではありませんが、手洗いは最も有効な方法です。

帰宅時や調理を行う前、食事前は流水と石けんによる手洗いを行いましょう。

また、タオルなどは共用使用しないことも重要です。

tearai

調理

食品中のウィルスは加熱により感染性をなくすことができますので、しっかり熱を通して食べましょう。

当たり前の話になりますが、下痢や嘔吐などの症状がある方は食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。

処理

汚物にはウィルスが大量に含まれている可能性があります。

感染の拡大を防ぐポイントは「すばやく適切に処理する」「乾燥させない」「消毒する」することです。

1.使い捨てのゴム手袋、捨ててもいいガウンやエプロン、マスクを着用する

souzi

2.処理する人以外は近づかない

3.汚物がかかったシーツや衣服は出来るだけゴミ袋を二重にして捨ててください

※もし、捨てたくなければ洗剤で下洗いしてから塩素系漂白剤を0.1%に薄めてバケツなどでもみ洗いをしてください

hyouhaku

4.ウィルスは広く飛散し、高く舞い上がるため、壁や床を塩素系漂白剤(濃度は衣服と一緒で大丈夫です)で洗浄する

supurei

5.十分に換気する

6.使った手袋やエプロンは袋を二重にして捨てる

gomi

ノロウィルスは一度感染したら症状はでませんが、約1ヶ月程は体内で生き続けます。

そのため、違う種類の菌やウィルスに感染すると再発することもあります。

ですので、弱った胃腸が回復するまでは胃に優しい食事と予防は徹底していきましょう!

ぎっくり腰は三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA