冬の脱水症状

こんにちは桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です

皆さんは脱水症状と言うと夏場になり、冬場はならないというイメージはありませんか?

実は意外と冬場に起こる脱水症状は以外に多いんですよ

冬の脱水症状を起こす要因

水分補給の意識低下

夏場は暑さを和らげるためや汗などで失われた水分を補給するため意識的に水分補給をしますが、

冬場は気温が低く目に見える汗をかく量が少ないため、自然と水分補給の意識が低下します

これだけ聞くと汗かかないなら失われる水分量も少ないじゃんっと思いますよね

しかし、冬場は不感蒸散という目に見えない汗をかきます

不感蒸散とは

呼吸や皮膚から失われる感覚として感じない水分の蒸散をいいます

一番わかりやすいのが冬場の白い息ですね

この不感蒸散は1日約750~1200mlの水分が蒸散します

特に冬場は湿度が下がるため、失われる水分の量は増えます

また、厚着や長めの入浴により体温が高くなると呼吸や汗で熱を放散するときに水分が失われます

こういった気づかない内に失われる水分によって冬場の脱水症状が起こります

冬場の脱水症状のサイン

◆手先の皮膚がカサカサになる

◆口の中が粘る

◆身体のだるさ、活力低下

◆めまい

予防

こまめな水分補給

水分補給に関しては夏場と同様にこまめに摂取することが大切ですが、

冬場は飲みたいという欲求が少ないので意識して摂取することが必要です

コップ1杯(200ml)の水を起床時、午前10時頃、正午、午後3時頃、夕方、入浴の前後、就寝前など細かく分けて飲むと飲みやすいと思います

mizu

乾燥を防ぐ

乾燥していると不感蒸散により失われる水分量が増えてしまうので乾燥対策が必要です

加湿器や濡れタオルを干したりして室内の湿度50~60%に保ちましょう

また、観葉植物も根から吸収した水分を葉から蒸散して加湿してくれるのでオススメです♪

kasitu

冬場に起こる脱水症状は見逃さすことが多く、悪化すると脳梗塞や心筋梗塞にもつながります

寒くなる今から水分を摂取する習慣を身につけるようにしましょうね

こむら返りは三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA