産後の腰痛

出産という大イベントをお母さんの体は満身創痍!

この出産後に出てくる悩みで多いのは腰痛です

youtu

原因

骨盤の緩みとゆがみ

産後6~8週間は「産褥期(さんじょくき)」とよばれ、関節や靭帯などがユルユルになっている状態

これは出産時に赤ちゃんが産道を通りやすいように筋肉や靭帯を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されて、骨盤をはじめとする各関節が柔らかくなっているためなんです

この産褥期にちゃんとした対処をしないでいると、広がった骨盤が正しい位置に戻らないことが多いために腰痛や恥骨痛といった産後のトラブルが発生するわけです

kotuban2

育児中の姿勢

また、育児には無理な姿勢がつきものです

例えば

授乳中時の前かがみ姿勢

泣き止まない時にあやす姿勢

沐浴時の姿勢

オムツ交換の時の姿勢

などなど不自然な姿勢をとることが多くなります

omutu

妊娠中の筋力低下と育児という名の筋トレ

妊娠中も筋力低下も腰痛の原因になります

妊娠中は体型の変化や安全面を考えて運動量が低下してしまう方が多いですね

また、赤ちゃんは毎日といっていいぐらい体重が増えていきます

お母さんからすれば毎日少しずつ重さが増えていく重りを抱えて運動している状態と一緒なので、

妊娠中に筋力低下を起こしている体を酷使すれば腰に負担がかかることに加えて、育児という筋トレをすることになるので筋肉痛になるのも当然です(´×∧×`)

kintore

 

だからといって諦める必要はありません!!

対策

骨盤ベルト

腰痛がひどい時が何か作業をしなければいけない時に着用します

ただし、就寝時や長時間の着用はしないでください

骨盤ベルトをしすぎるとベルトにたよる身体の使い方になり、筋力低下を招くことになるので気をつけて下さい

体操

動ける程度の痛みに変化したら動ける範囲でどんどん動きましょう!

オススメは以前に記載した「腰痛体操」です

詳しい内容は「腰痛体操」←を参考にして下さい

yjimage (1)

骨盤矯正

なんと言っても出産でゆがんでしまった骨盤を直す必要があります

ゆがんだまま骨盤が固まってしまうと出産後の腰痛の原因になったり、

後々、下半身太りや便秘などにもつながります

ただ、産後骨盤矯正をやっているところであれば、どこでもいいと言うわけではありません

お試しでもいいので一度体験してしっかり説明してくれるか確かめてから通うようにしましょう

当院の産後骨盤矯正の特徴

通常は産後1ヶ月経ってから骨盤矯正を受けることを勧めるところ多いですが、

当院ではボキボキしないソフトな整体により産後の傷つた身体でも安心して受けることができるので

産後1週間後から矯正できます

また、子供をあやすのが上手いスタッフが常勤しているうえ、バウンサーなどもありますので小さなお子様連れでも大丈夫です

img_6818

腰痛がそれほどひどくないと、日々の忙しさに痛みを忘れ、対処せずにそのまま放置する方がほとんどです

しかし、腰痛は後々にストレスに変わり、母乳の出が悪くなったり、頭痛や肩こりといった体調不良にもつながります

ご自身とお子さんのためにも、出産後に腰痛を感じたら出来るだけ早めに対処するように心がけましょう♪

産後の腰痛は三重県桑名市の整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA