江戸患い

こんにちは 桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です。

突然ですが皆様は「江戸患い(えどわずらい)」をご存知でしょうか(?-?)

edowazurai

「江戸患い」と聞くと赤痢のような病気に感じますが、 実は皆さんもよくご存知の「アレ」なんです♪

江戸患いとは 江戸時代に地方から江戸に出てきた方に起きた謎のガクガクやフラフラする流行り病のことで、 今ではビタミンB1が不足して起こることがわかったため、そこまで問題視されていません。

栄養学に詳しい方はお分かりになったのではないでしょうか。

検査はこれをします→kakke

 

 

そう【脚気】なんです。

ではなぜ、脚気が流行ったか・・・・

江戸時代までは玄米やあわ、ひえなどを食べていましたが、江戸を中心に精米された白米が大流行したため、脚気になる人が急増しました。

白米って美味しいですもんね( ´艸`)

私も普段は白米と玄米を1:2の割合で食べているので、白米だけのゴハンを久々に食べるとやっぱり美味しいと思います 玄米はビタミンやミネラル・食物繊維が豊富に含まれますが、精米することで一気に重要な栄養素が落ちます。

落ちた栄養素に含まれるビタミンB1が不足してしまったため、江戸時代に「江戸患い(脚気)」が大流行っとなった訳です。

「へ~、江戸時代の人って大変やなぁ~」と思ったそこのあなた!!

決して人ごとではないんですよ!Σ(゚д゚;)

現代でも米食は白米が中心ですし、ファーストフードや無理なダイエットなどの偏食によるビタミンB1が不足し、糖分の過剰摂取や激しい運動、アルコールの分解に大量に消費されるため脚気なる人は増えています。

脚気にならないためには ビタミンB1を多く含む玄米やゴマ、豚肉、ウナギなどを摂るように心がけましょう bitaminnb1

私のオススメは玄米ですね^^

ミネラルも同時に摂取できるのでバランスがいい♪ また、一緒にビタミンB1の機能を高めてくれる「アリシン」を摂るようにしましょう。

アリシンは玉ねぎやニンニク、ネギなどに多く含まれています。

arisin

嫌いな物を無理して食べる必要はありませんが、少し身体の事を考えて栄養素を摂るのも大切ですよ♪

膝の痛みは三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA