桑名で交通事故に遭ってしまったら

お盆休みはどのように過ごされましたか?

桑名の整骨院 中央元気堂も、すっかりリフレッシュして、地域の皆様の健康サポートに精進する準備が整いました。

本日のお話は、先日の連休中に交通事故で、対処について困った方の相談を受けましたので、ご参考までに紹介します。

渋滞中に追突された

事故の詳細ですが、桑名インターチェンジ付近の渋滞に巻き込まれた患者さんが停車中に後ろから車で追突されたという事故でした。患者さんは停車中の事故でしたので、10対0の事故になることと想定されます。

10対0の事故は自身の保険会社の出番がない

交通事故に遭うと、自身の保険会社と相手側の保険会社が話し合うという事を想定されている方が多いのですが、10対0の事故の場合、自身の保険会社が、相手側の保険会社と交渉するという事はありません。被害者自身が相手側保険会社と、治療や修理費用、慰謝料などの交渉をする必要があります

相談内容

事故に遭われた患者さんは自身の保険会社から交渉できないと告げられて、困っていたところ、当院に相談いただきました。

事故から1週間後に出る痛みはむち打ちの症状

患者さんは事故からまだ1週間が経過していませんが、少し首と背中に違和感があるとのことでした。
一般的にむち打ちの症状は事故から1週間後に出るといわれており、要経過観察が必要な状態です。

車が事故車扱いになることへの不満

自分の不注意で自身の車が事故車扱いになれば諦めもつくのですが、他人の不注意で事故車になり、売却時の査定額が下がることには納得がいかない患者様。他の患者様のケースですが、相手側の保険会社にその旨を伝えた場合、修理費用以外にも賠償費用として数万円を支払って貰ったというケースがあることを伝えました。

慰謝料の交渉

自身の保険会社で弁護士特約を付けている場合、事故の慰謝料の相談は弁護士が300万円を上限に無料で交渉してくれます。
今回、患者さんの保険を確認したところ、弁護士特約を付けていたので、弁護士さんに一任する方向で決まりました。
弁護士さんと無料で電話相談もしたようで、患者さんの心の負担が楽になったようです。

事故に遭ったらまずは相談が大事

交通事故に遭ってしまったら、体の痛みと法律の悩みで、どうしていいかわからない と悩む方が大勢いらっしゃいます。
桑名で交通事故に遭ってしまったら、交通事故に詳しいスタッフがいる整骨院 中央元気堂にお気軽にご相談ください。小さな悩みでも対応させていただきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA