足の裏を鍛えてヒザ腰への負担軽減

こんにちは 桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です。

突然ですが、皆さんはご自分の足裏を観察したことはありますか?

足裏って意外と気にする事って少ないですよね

見てみると・・・・

あれ!?

アーチが・・・

と思われる方も多いのではないでしょうか

今しっかり鍛えておかないと怖~いことになりますよ!!

足裏の3つのアーチ

足裏には土踏まずの内側アーチ、

小指の付け根からかかとに向かう外側アーチ、

親指の付け根から小指の付け根に向かう横アーチがあります。

この3つのアーチがあることで、歩いたり走ったりする時にスムーズに動かすためのバネの役目を果たします。

また、地面からの衝撃を和らげてくれるクッションの役目もあります。

例えばアスファルトからの衝撃は体重の5~6倍の重さがかかると言われています。

つまり体重が60㌔の人が1歩歩くごとに足裏にかかる負担が約300~360㌔になるとういうことです。

この衝撃を足裏のアーチで分散できているうちは大丈夫ですが、アーチが崩れてくると 足首や膝関節、股関節、腰、肩、首にかかる負担が大きくなり、膝の痛みや腰痛など様々な症状につながります。

もう一つ重要な役目が身体のバランスを取ることです。

足裏で微妙なバランスを調節しているからこそ、私たちは不安定な「二足歩行」ができているんです。

バランスが調節できなくなると関節に負担がかかり関節の変形や身体のゆがみにつながります。

各アーチが崩れると・・・

内側アーチが崩れると:

偏平足やむくみ、冷え性になります。

外側アーチが崩れると:

O脚になります。

横アーチが崩れると:

指の付け根の角質が硬くなり、タコやウオノメ、外反母趾、ハンマートゥ(足の指がくの字に曲がってしまった状態)になります。

gaihan

ここで重要になってくるのが『足裏のトレーニング』

足裏トレーニング

①タオルギャザー

タオルを広げて床に敷きます タオルの上に足を乗せます

足の指の曲げ伸ばしをしてタオルを引き寄せます

イスなどに座りながらすると負荷が少なく 立ったまますると少し負荷がかかります。

立ったままでは余裕な方は片足立ちでタオルギャザーをしてみて下さい

taoruga

②足じゃんけん

グー:足の指をぐるっと丸める

チョキ:親指だけを立てて他の指は丸める

パー:全ての指を大きく広げる

asizyanken2

ちなみに私はパーの形を作ると足の裏が若干ツリそうになります・・・

少しアーチが崩れている証拠ですね(*´д`;)  鍛え直します!!

皆さんも一度やってみて下さい♪

意外とやりにくい動きあると思いますよ(笑)

膝の痛みは三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA