交通事故 むち打ち

こんにちは

桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です

交通事故で最も痛めやすい部分は首です

交通事故で首を痛めると言えば「むち打ち」ですね

むち打ちとは

交通事故やスポーツなどでぶつかったの際に首がムチのように前後左右に振られることによって関節や靭帯、筋肉を傷つけてしまうことです

muti

交通事故などで首を痛めても、当日はほとんど症状が出てくる事は少なく、次の日から3日前後に症状が出てくることが多い

場合によっては1週間後に痛みを感じることもあります

症状

  • 首や肩、背中にコリや痛み
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 吐き気
  • 手足のシビレ
  • 食欲不振
  • 倦怠感

負荷のかかり方が強かった場合は「脳脊髄液減少症」になる可能性があります

脳脊髄液減少症とは

頭蓋骨の中にある脳は傷つかないように脳脊髄液で保護され浮いている状態です

例えるならスーパーに売っているお豆腐の様な感じですね

touhu2

 

脳脊髄液は背骨にも繋がっており事故の際に傷ついて漏れ出すことがあります

sekizuieki

すると浮力を失い脳が揺れることで頭痛や吐き気などの症状がでやすく、症状が強い場合はめまいがひどく歩行が困難になることもあります

sekizuieki2

交通事故後に苦しまないように例え小さな事故で自覚症状がなくても

自己で判断せず病院や整骨院を受診して詳しく診てもらい治療を受けるようにしましょう!

むち打ちは桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA