だ液の効果

こんにちは

桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です

皆さんはだ液が口を潤す以外の効果があるのは知っていますか?

食物の消化を助け、飲み込む時の潤滑剤

だ液の中には食物のデンプンを分解する、だ液アミラーゼという消化酵素が含まれており、食物がだ液と混ざることによって柔らかくなり、消化吸収を助けます。

また、だ液中のムチンが食物を飲み込む際の潤滑剤になって、食道の表面がなめらかになり、スムーズに胃へ送られます。

むし歯防止

だ液は、むし歯の原因菌となるミュースタンス菌が作る酸を中和させる作用があり、むし歯の進行を防ぐ効果があります。

musiba

歯の再石灰化

再石灰化とは、お口の中で常に起きている現象です。歯を脱灰から守る唾液の自然治癒のメカニズムです。

ミネラル損失のため、その結晶構造がすかすかになっている歯の表層下脱灰層 (初期むし歯)に対して、唾液がカルシウムイオンとリン酸イオンを補給し、エナメル質の結晶を新しく形成し、元の健康な状態に戻す現象です。

再石灰化を促進するためには、歯垢をブラッシングなどできれいに落とすことと唾液が充分に歯の表面に接触するようにしておくことです

musibayobou

細菌の侵入を防ぐ

外気を吸い込む入口となる口には、むし歯の原因菌だけではなく、様々なウイルスや細菌が侵入してきます。

だ液に含まれているムチンは、口から入ってきた細菌を絡めとって外へ排出する作用があり、細菌から身体を守ってくれています。

saikin

がん細胞の抑制

だ液に含まれるペルオキシターゼという酵素は抗菌・殺菌作用があり、食物内に含まれる発がん性物質が分泌する活性酸素を分解する働きがあります。

ganyokusei

また、耳下腺で分泌されるバロチンにはアンチエイジング効果があり、筋肉や骨の発達を促す作用もあります。

このように私たちの健康を守ってくれているだ液ですが、生活習慣が悪くなるとだ液の分泌量は少なくなってしまいます。

少なくなると、むし歯や口臭の原因となる以外に、胃腸の不調や風邪を引きやすくなります

だ液を分泌させる方法

身体の健康を維持するためには絶対に必要不可欠であるだ液ですが、食べる食品によってだ液の分泌量が異なります。

だ液の分泌を促す食べ物は主に以下の食品があります。

噛みごたえのある食べ物
だ液は噛めば噛むほど分泌されるため、柔らかい食品よりも噛みごたえのある食品の方がより多く分泌されやすいです。

kamusyokuzai

酸味の強い食べ物
梅干しやレモンなどに含まれ、酸味の元となっているクエン酸には口の中を刺激してだ液を分泌させる働きがあります。

またクエン酸はだ液以外にも、胃液や胆汁などの分泌も促進させる作用があるため、食欲増進や各器官の機能を高める効果も期待できます。

ume

納豆
納豆に含まれるポリグルタミン酸には高い保湿効果があり、だ液の分泌を持続的に促す効果が期待できます。

ちなみに、ポリグルタミン酸は納豆の糸状の元となる成分です。

natou

だ液を出すマッサージ

だ液を沢山分泌させるために、3つのだ液腺のマッサージが効果的です。

daekisen

耳下腺マッサージ

耳の少し手前の部分に指全体を当て、奥から前へ円を描くようにほぐしましょう。

zikasen

顎下腺マッサージ

耳の下からあごにかけての内側の部分(エラのあたり)を、人差し指から薬指の指先で優しくツボを押すように何か所か刺激しましょう。

gaku

舌下腺

あご下のとがった部分の下、舌の付け根付近の部分を、親指を使って舌を突き上げるように押し上げましょう。

ziak

この3つのマッサージを食前に3~5回ほど繰り返すと効果的です。

顎関節症は三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA