坐骨神経痛

こんにちは

桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です

皆さんも坐骨神経痛という言葉を一度は耳にしたことがあると思います

病院では腰から足にかけてシビレや痛みがあるとよく坐骨神経痛と診断されます

ですが、坐骨神経痛という病名は実は存在しません!!

えっ!?

と思いますよね

坐骨神経痛は、固有の病名ではなく症状なんです

簡単に例えるなら風邪の時にでるです

この坐骨神経痛が起こる原因となる疾患

腰椎椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にありクッションの役目をしている椎間板が何らかの原因で、背骨の間から飛び出して神経を圧迫する疾患です

herunia

脊柱管狭窄症

背骨には神経が通る管状の部分があります。

この管状の部分が変性等で狭くなり神経を圧迫するとシビレや痛みが出てきます

さらに歩いていると症状がきつくなり、腰をかけて休憩するとまた少し歩けるが特徴です。

kyousaku

すべり症

背骨の分離や変性等で背骨の一部がお腹側にすべって神経を圧迫することで腰痛やシビレが出る疾患です

suberi

梨状筋症候群(りじょうきん症候群)

お尻にある梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫して腰から足にかけてシビレや痛みが出る疾患です

rizyoukin

各疾患の詳しい説明は後日書いていきます

 坐骨神経痛の痛みの種類

・痛みがある

・張りが強い(つっぱる感じがする)

・ジーンとする

・何となく違和感がある

など坐骨神経痛の感じ方は人それぞれです

また症状が期間が長くなったり、無理をすると負担が蓄積され症状が徐々に悪化していきます

大体の方は 腰の痛み → お尻や太もものシビレ → ふくらはぎのシビレや痛み → 足先のシビレ という順番になります

対策

では坐骨神経痛になってしまったらどうしたら良いのか

一番いいのは当院に来院して頂くことです

もし来れない場合は 「温める」 + 「お尻の筋肉を緩める」 をして下さい

冷えると血液の循環が悪くなり老廃物の排出が上手くいかないうえ、栄養の詰まった血液も届きにくくなります

ただでさえ筋肉は冷えると収縮するのに、栄養が届かなく余計に固まってしまうという悪循環なります

これを防ぐために温めることが必要なんです

一番簡単な方法はホッカイロです

これを腰に貼るのではなくお尻のほっぺのあたりに貼るかズボンの後ろポケットに入れることです

これが結構気持ちが良く、症状が改善しやすいんです

ただしホッカイロは低温やけどをすることがあるので気をつけて下さい

kairo

そしてもう一つ大事なことが「筋肉を緩める」ことです

腰と足は必ずと言っていいほど連動して動いています

腰が痛くなったり、シビレが出てくると股関節や足の筋肉が硬くなり坐骨神経痛を悪化させます

そこで「緩める」ためにオススメしたいのがシコ立ちです

そうお相撲さんのシコの態勢です

シコ立ちの仕方

1.肩幅より少し広めに足を広げて立ちます

2.つま先とヒザが同じ方向を向くようにします

3.この状態で腰を下ろしていきます。(ヒザが痛い人は無理をしないようにして下さい)

※腰を下ろす際は背筋をまっすぐに伸ばしてお尻が突き出ないように!!

4.この状態を10秒~20秒程キープします

手はヒザでも頭でも好きな位置に置いて下さい

siko

これが結構効きますので無理はしないで下さい

最初はお尻や太ももがプルプルすると思いますよ(笑)

坐骨神経痛を完全に治すには原因となっている疾患を治す必要があります

痛みやシビレを感じたら近くの医療機関を受診して治療するようにしましょう!

いつか治るだろうと放置はしないで下さいね(^^)

坐骨神経痛は三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA