脊柱管狭窄症

こんにちは

桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です

今日は前回の「椎間板ヘルニア」に引き続き「坐骨神経痛」のでやすい疾患

第2弾として「脊柱管狭窄症」について書いていきます

脊柱管とは

背骨の芯となる椎体と弓のような形した椎弓により管状の空間を作ります

この空間を「脊柱管」といいます

脳から出た神経の束が脊柱管の中を通り、手や足・内臓など各器官に行きます

 

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は骨の変形や靭帯の肥厚などにより、脊柱管が狭くなることで脊柱管を通る神経や血管を圧迫することで、腰痛や足のシビレなどの症状がでてくることいいます

kyousaku1

脊柱管狭窄症には3タイプあります

1.神経根型

腰やお尻、足につながる神経の一番根元を圧迫してシビレや痛みが出るタイプ

基本的には圧迫をしている側の足だけに症状がでます

sinkon

2.馬尾神経型

脊柱管を通る神経は腰のあたりから馬の尻尾のように何本にも別れています

これを「馬尾神経」といい、ここが圧迫されると両足に強いシビレやマヒが出ることがあります

馬尾神経型が悪化すると、腸や膀胱の神経を圧迫して排便・排尿障害がでます

babi

3.混合型

これは上記の「神経根」と「馬尾神経」の両方の神経が圧迫されるタイプです

両方の症状がでるので厄介なタイプになります

症状

最初は腰の違和感や軽い腰痛、何となく足がシビレている感じがする程度ですが、

状態が悪化するとシビレが痛みに変わったり、触られている感覚がなくなったりします

kyousaku2

また、つま先が上げにくくなりスリッパが脱げやすくなったり、排尿障害がでてトイレが近くなったりします

あと一番の特徴である「間欠跛行(かんけつはこう)」という症状がでます

間欠跛行とは

ある程度、歩いていると足腰に痛みやシビレを感じて歩きにくくなったり、歩けなくなったりします

ただし、しゃがんで休憩したり、前かがみになると痛みやシビレが楽になりまた歩けるようになります

症状が進むと歩ける距離が短くなり、立っているだけも辛くなってきます

hakou

脊柱管狭窄症は症状が全くなくなるというのは難しいですが、身体の土台である骨盤や背骨のバランスを直してあげることで症状が軽減することが多くあります

脊柱管狭窄症と診断された方は一度、歪みを直す治療を受けてみるのもいいですよ

脊柱管狭窄症は三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA