OAS(口腔アレルギー症候群) 花粉症の合併症 第1弾

こんにちは

三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です

本格的に花粉が飛び始めましたね(*´д`;)…

花粉症の症状が辛いと中々、他の症状に気づきにくくなり、合併症が出ていても分からないものです

まず1つ目がOAS(口腔アレルギー症候群)です

名前は耳にすることは少ないですが、症状を聞くと「私あるかも・・・」っと心当たりがある方も多いと思います

OAS(口腔アレルギー症候群)とは

花粉症の人が特定の食べものを摂取してから15分以内に口の周りや中、唇、のどなどが

ピリピリ感やイガイガ感、かゆみがでたり、腫れたりします

症状がひどい場合はアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります

koukuuare

花粉症の合併症になりやすい理由

花粉症を引き起こす原因となるタンパク質(アレルゲン)の構造が、フルーツや野菜、ナッツなどの植物性の食べ物のタンパク質の構造が似ているために、摂取すると口の中でアレルギー反応がでてしまうのです

原因となりやすい食べ物

果物

・リンゴ ・キウイ ・オレンジ ・桃 ・イチゴ ・マンゴー ・メロン ・グレープフルーツなど

huru-tu

野菜

・アボガド ・山芋 ・ニンジン ・じゃがいも ・トマト ・セロリなど

yasai2

ナッツ類

・アーモンド ・ピーナッツ ・ヘーゼルナッツなど

nattu

対策

原因・誘因となる食べ物を可能な限り摂取を避けることが基本です

症状がでたときは、直ちに抗ヒスタミン剤やステロイド剤を服用して症状が進行するのを少しでも抑えるようにします

一般的にアレルギー症状を持っている方は様々な誘因が重なった時に症状が出やすくなります

風邪をひいていたり、消炎鎮痛剤を服用していたり、寝不足・疲労・ストレスなどの負担がかかった状態や女性であれば生理の前後などは注意が必要です

こうした時期は、自律神経も不安定になり免疫のバランスも乱れやすいので、普段でも疑わしい食べ物は少しだけ口に入れてみて違和感やピリピリした場合は、その時点で吐き出してそれ以上食べないようにしてください

また、腹式呼吸を行い、交感神経と副交感神経のバランスを安定させると過剰な免疫反応を抑えることができます

腹式呼吸については後日に書きます

花粉症の鼻づまりは三重県桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA