夏場の食欲不振

こんにちは

桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂です

梅雨ですがもう夏のような気候ですね

暑くなってくるとよく出てくる症状といえば食欲不振ですね

夏場に食欲不振が出るのかというと

暑くなってくると「そうめん」や「うどん」、「冷麺」など冷たくてのどごしのいい物を食べることが多くなってきます

まず、冷たい物ばかり食べていると胃が冷えて内臓機能が低下して消化が悪くなります

それに加えて噛まずに飲んでしまう麺類ばかり食べていると消化する際に胃に大きな負担をかけます

ihie

さらに、自律神経が深く関係してきます。

例えば、気が抜けたときや気の合う友達といるときは沢山食べれるけど

逆に取引先の方や高級レストランなど気を使うときはあまり食べれないですよね

これは

副交感神経(リラックスしている時に働く神経) ⇒ 消化吸収促進や食欲増進

交感神経(緊張している時や体を動かしている時に働く神経) ⇒ 消化機能低下や食欲低下

この2つ神経が食欲に関わっているからなんです

ziritu

気温が高いと汗をかいたり体温を逃がそうとして交感神経の働きが強くなり、交感神経の働いている時間が長くなるため、胃の消化機能が低下するので食欲なくなってしまうのです

対策

  • こまめに水分補給とビタミンB1を摂取する

熱中症対策の意味合いもありますが、やはり身体の調子を整えるのに水分は必要です

ただ、一回に大量の水分を取るとかえって胃に負担をかけてしまいます

水分補給のポイントとしては、

1.温かい飲み物をゆっくりとこまめに飲むこと

2.起床時や就寝前、入浴後、スポーツ時は水分補給をしっかりしましょう

tya1

3.スポーツドリンクなどの糖分の多い清涼飲料水の飲み過ぎはダメ

糖質をたくさん摂取していまうと、糖分をエネルギーに変換する過程で大量のビタミンB1を消費していまいます

失われたビタミンB1を補うには豚肉・大豆(特にきな粉)・昆布・うなぎ・枝豆などがオススメです

bitaminb1

ビタミンB1は疲労回復や食欲増進作用もあるのですが、汗や尿と一緒に排出されやすいため、夏場は特に不足するので意識して食事に取り入れるようにしましょう!

  • 温度差や身体の冷やしすぎには気をつけましょう

外気温との温度差や身体の冷やしすぎは自律神経の乱れの原因になります

エアコンの設定温度は28℃前後で外気温との差は5℃以内にしましょう

眠れないからといってクーラーをつけたままにしておくと、起床した時に身体が怠かったり、夏風邪や胃腸の不調の原因になります

寝る前にお風呂にゆっくり入ってリラックスして、クーラーは1~2時間で切れるようにセットしてから寝るようにしましょう

nukumeru

交通事故によるむち打ちは桑名市の鍼灸整骨院 中央元気堂

エキテンにお得なクーポンもあります

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA